Top >  しみ >  炎症性色素沈着

スポンサードリンク

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着といわれる種類があり、レーザー治療でしみ取り・しみ抜き治療がこのケースで頻繁に行なわれるのですが、炎症性色素沈着の原因となるのは、にきびや、やけど・かぶれなどが引き金となって起こり、肌がなんらかの原因で炎症を起こした時にしみになる種類の症状です。炎症性色素沈着と呼ばれるタイプのしみがあります。この炎症性色素沈着の場合はレーザー治療でのしみ取りがといわれています。炎症性色素沈着になる原因としては、炎症を伴ったにきびややけど、かぶれなどがあげられます。炎症性色素沈着の場合は、比較的治療や対策をしやすいものなので、気をつけていくことが大切です。炎症性色素沈着のしみに関しては、病院で施術されるレーザー治療によるしみ取りが、かなりの効果が期待できるとのことですので、方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。





スポンサードリンク

 <  前の記事 しみとトレチノイン  |  トップページ  |  次の記事 老人性色素斑  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。