Top >  しみ >  老人性色素斑

スポンサードリンク

老人性色素斑

しみの中で老人性色素斑と言われるしみの種類が存在し、この老人性色素斑とうしみは一種の老化現象とされて、主に30代?40代の方に多く現れる傾向にあり、比較的に若い頃から、日焼けなどを行なって長期間に渡って紫外線を浴び続けてしまうことによって引き起こるしみで、この老人性色素斑のしみ取りやしみ抜きをお考えの方も多いのではないでしょうか。老人性色素斑の色に関しては、濃いものが目立つようで、境目がクッキリと分かれてしまう為にできてしまった本人にとっては深刻な悩みになることもありますので、やはりそうなる前にと対策を行なうことがベストでしょう。 若いうちに浴びた紫外線が、あとあと困ることになりますから、若いから大丈夫などとは思わないように・・・。





スポンサードリンク

 <  前の記事 炎症性色素沈着  |  トップページ  |  次の記事 脂漏性角化症  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。