Top >  しみ >  脂漏性角化症

スポンサードリンク

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは脂漏性角化症の原因に関しては老人班と同様に若い頃の日焼け等、長期に渡る紫外線の吸収が原因です。脂漏性角化症に関するしみ治療法は、現在ではレーザー治療などありますし、外見に関してあまり気にしない方にとっては、しみしみ抜きなどの治療が必要ない場合がほとんどのようなのですが、可能性も考えられますので、皮膚科専門医で診断受けて対策をうつようにすることをお勧めいたします。種類の中には脂漏性角化症と呼ばれるタイプのしみがあります。脂漏性角化症の原因としては、老人性色素斑と同じく若いころからの日焼けなどとなります。脂漏性角化症はしこりのような良性の腫瘍が出来てしまう症状をいいます。
脂漏性角化症の特徴としては、色は褐色となっています。脂漏性角化症の治療法としては、レーザー治療がといわれています。





スポンサードリンク

 <  前の記事 老人性色素斑  |  トップページ  |  次の記事 肝班  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。