Top >  しみ >  肝班

スポンサードリンク

肝班

この肝班というしみは再発も多いとうことで、しみ取りなどの治療や対策が難しいしみの種類になります。
この肝班というしみの特徴としては、ホルモンバランスの乱れが原因となってしみができてしまうと言われて主に妊娠して出産後の女性に肝班というしみが発生するケースが多いので、妊娠中にホルモンバランスが乱れてしまうことが肝班の発生の原因になっているのでしょう。紫外線を浴びてしまうことは、に肝班を進行させてしまいますので、紫外線には絶対に気をつけるようにして、肝班の対策・治療としては上で、外用薬を服用することが効果的と言われています。シミと紫外線に当たることで悪化してしまうこともありますので、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策は必須です。肝斑とシミとを見分けることはとても難しいので、肝班かどうかは医師に判断してもらうことが必要です。効果が出てくるようですが、服用、塗布を止めるとまた濃くなってしまうこともあるようですので、指示に従って続けることが大切です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 脂漏性角化症  |  トップページ  |  次の記事 そばかす  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。