Top >  レーザー治療 >  しみとレーザー治療1

スポンサードリンク

しみとレーザー治療1

光線をピンポイントで照射して、メラニン色素を破壊します。この時、皮膚細胞は、傷付きませんので、治療です。メラニン色素が皮膚の表面に出てきて、垢のようにはげ落ちてきます。レーザーを照射する時に、肌をはじくような感覚があるだけです。のは、雀卵斑(そばかす)、老人性色素斑で、しみや肝斑には向きません。
レーザー治療とは、レーザー光線を使って皮膚組織を焼いて削り取ってしまう治療法です。乱暴なように聞こえますが、メスなどを使って患部を削り取るよりも出血も少なくきれいに取れることがレーザー治療のメリットです。レーザー光線の照射時は皮膚に軽い痛みを感じますが、麻酔が必要なほどではありません。





スポンサードリンク

 <  前の記事 そばかす  |  トップページ  |  次の記事 しみとレーザー治療2  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。