Top >  レーザー治療 >  しみとレーザー治療2

スポンサードリンク

しみとレーザー治療2

一言でシミといっても、レーザー治療が適応となる代表的なシミは、日光性色素斑(老人性色素斑)です。ソバカスも、レーザー治療で目立たなくなります。肝斑に対してレーザー治療は、効果がありません。シミの治療に使うのは、ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどです。レーザー治療にはYAGレーザーやアレキサンドライトレーザーが使われます。レーザー治療は保険が利きません、いわゆる自由診療なので治療費はクリニックにより異なります。法外な治療費を取られないように治療費は事前に確認しておきましょう。
レーザーの種類
・炭酸ガスレーザー
・レーザー
・オーロラ(フォトフェイシャル(IPL)+RF
・レーザーフェイシャル





スポンサードリンク

 <  前の記事 しみとレーザー治療1  |  トップページ  |  次の記事 サーマクール1  > 

         

更新履歴

  • イソフラボン
  • イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働き...

  • アルジルリン
  • ボトックスと言われているものは、正確にはボトックスでは...

  • プラセンタ
  • プラセンタは、胎盤の成分です。
    成分としてのプラセ...

  • しわの原因2
  • 紫外線に続いてしわの原因は乾燥です。乾燥すると、表皮の...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しみ・・・気になる話」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。