Top >  しみ

しみ

スポンサードリンク

しみ一覧

そばかす

一般的に知られているのが、そばかすではないでしょうか。種類になるのですが、このそ...

そばかすの続きを読む>

肝班

この肝班というしみは再発も多いとうことで、しみ取りなどの治療や対策が難しいしみの...

肝班の続きを読む>

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは脂漏性角化症の原因に関しては老人班と同様に若い頃の日焼け等、長期...

脂漏性角化症の続きを読む>

老人性色素斑

しみの中で老人性色素斑と言われるしみの種類が存在し、この老人性色素斑とうしみは一...

老人性色素斑の続きを読む>

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着といわれる種類があり、レーザー治療でしみ取り・しみ抜き治療がこのケ...

炎症性色素沈着の続きを読む>

しみとトレチノイン

最近、トレチノイン入りの化粧品がでましたね。欧米ではしわやにきび跡の治療の主流に...

しみとトレチノインの続きを読む>

しみとケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは方法ですが、このケミカルピーリングもしみ取りの治療として、...

しみとケミカルピーリングの続きを読む>

しみとビタミンC

ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑える効果あります。ビタミンCは、真皮を構成...

しみとビタミンCの続きを読む>

しみと新陳代謝

遺伝と老化を止める決定的な治療法はありません。遺伝的な要素は、そう簡単に変えるこ...

しみと新陳代謝の続きを読む>

しみとホルモンバランス

しみはホルモンバランスの影響を受けているのです。乱れは、しみを発生させます。妊娠...

しみとホルモンバランスの続きを読む>

しみと刺激

ゴシゴシと力をいれて洗ったり、こすりすぎはお肌への刺激が強すぎます。色素細胞が沈...

しみと刺激の続きを読む>

しみと生活習慣

新陳代謝が低下すると、皮膚のターンオーバーがうまくいかなくなります。細胞が生まれ...

しみと生活習慣の続きを読む>

しみと紫外線

これは切っても切れない関係です。紫外線の受けやすい場所は顔のほかに首、手の甲、腕...

しみと紫外線の続きを読む>

正しい化粧品の使い方

間違った化粧でしみを作ることになります。まず、肌にあった化粧品を使うことです。顔...

正しい化粧品の使い方の続きを読む>

しみができる仕組み

お肌が紫外線などの刺激を受けると、基底層にメラノサイトがメラニン色素を作ります。...

しみができる仕組みの続きを読む>

しみとは

しみとは、肌の表面が茶色に変色してしまう事でできる色素沈着です。若いうちから日焼...

しみとはの続きを読む>

 |  トップページ  |  次のカテゴリ「20しみ取り」へ >

更新履歴

  • そばかす
  • 一般的に知られているのが、そばかすではないでしょうか。...

  • 肝班
  • この肝班というしみは再発も多いとうことで、しみ取りなど...

  • 脂漏性角化症
  • 脂漏性角化症とは脂漏性角化症の原因に関しては老人班と同...

  • 老人性色素斑
  • しみの中で老人性色素斑と言われるしみの種類が存在し、こ...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo

このページについて

「しみ・・・気になる話」のカテゴリ「10しみ」内にある記事の一覧です。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。